日本

日本の最古の中の最古の神様たち。

日本

日本にほん

日本語を母語とする大和民族が国民の大半を占める。
自然地理的には、ユーラシア大陸の東に位置しており、環太平洋火山帯を構成する。

天之御中主神

天之御中主神あめのみなかぬしのかみ

神名は天の真中を領する神を意味。
『古事記』では神々の中で最初に登場する神で、 別天津神 にして造化三神の一柱。

高御産巣日神

高御産巣日神たかみむすびのかみ

日本神話に登場する神。
別天津神・造化三神のうちの1柱。
本来は高木が神格化されたものを指したと考えられている。
「産霊(むすひ)」は生産・生成を意味する言葉で、
神皇産霊神とともに「創造」を神格化した神と言われている。

神産巣日神

神産巣日神かみむすびのかみ

日本神話に登場する神。別天津神・造化三神のうちの1柱。
「産霊」は生産・生成を意味する言葉で、
高皇産霊神とともに「創造」を神格化した神と言われている。

Feature 04

BACK

戻る。

Feature 05

このこたち。トップ

このこたち。トップに戻る。

Feature 06

HOME

HOMEに戻る。

コメント