上古時代

上古。『神代』に続く、古い時代。

神武天皇

神武天皇じんむてんのう

神名は天の真中を領する神を意味。
『古事記』では神々の中で最初に登場する神で、 別天津神 にして造化三神の一柱。

伊須気余理比売

伊須気余理比売いすけよりひめ

日本神話に登場する神。
別天津神・造化三神のうちの1柱。
本来は高木が神格化されたものを指したと考えられている。
「産霊(むすひ)」は生産・生成を意味する言葉で、
神皇産霊神とともに「創造」を神格化した神と言われている。

xxxxx

xxxxx

日本神話に登場する神。別天津神・造化三神のうちの1柱。
「産霊」は生産・生成を意味する言葉で、
高皇産霊神とともに「創造」を神格化した神と言われている。

xxxxx

xxxxx

神名は天の真中を領する神を意味。
『古事記』では神々の中で最初に登場する神で、 別天津神 にして造化三神の一柱。

Feature 02

現代

現代ページに戻る。

Feature 03

Contents

Contentsページに戻る。

Feature 04

このこたち。トップ

このこたち。トップに戻る。

Feature 05

HOME

HOMEに戻る。

Feature 06

Empty

...

コメント