小説と古事記のサイト:ふわふわ


小説と古事記のサイト:ふわふわ

PAGE TOP
小説と古事記のサイト:ふわふわ

PAGE TOP
小説と古事記のサイト:ふわふわ

PAGE TOP
小説と古事記のサイト:ふわふわ

PAGE TOP

ようきじゃないなこれは


こんな派手な生活出来る人間じゃないです(汗)
真逆の人間の心を歌ったものだから、、難しかった


あれだな
ならず者に出てきたダイヤのクイーンの失敗例


あー!あったまいー!
・・・確かに物質的なものを意味してるし
お金で買える良い女?だし


いい女なんだろうけど
俺は心が良い女がいいな


ハートのクイーンですね


これもこれで歌としてはいいけど


でも、何か思いました。
やっぱり物質的な幸せってあります。


・・・


訳していて思いました。
心がどんどん枯渇していっても
それでも贅沢を求めるのはそれだけ魅力があるから・・・


まぁな


ハートもダイヤも両方欲しい。
ダイヤが駄目だったから、ハートにすれば良かった、、だなんて。
何か悲しいです。


なるほど
ちょっとない解釈だな


それでもやはり、精神が大切なのは分かるけど・・・


君は
少し物質の良さが分かると。
歌の女に似てるのか・・・


いいえ!でも・・・例えば物質、、美しさとか欲しいもん
心だけなんて厭。
美しさは力!


老いたら女なんてみんな一緒だろw


冷静ですね・・・(汗)


とりあえず。
心が大切。


歌の解釈はそういうことですね


こういうのも嫌いじゃないな


あ、アメリカにはアメリカの良さがあって
ヨーロッパにはヨーロッパの。ですね


うん


また和訳ろうかな!


変なのとかいいなw


 

小説と古事記のサイト:ふわふわ   小説と古事記のサイト:ふわふわ