あらすじ

読み切り「鈍紫(にびむらさき)
は源氏物語という物語の、「紫の上」という女性の心を描いたものです。

源氏の君というかなりのプレイボーイがいて、
その人が様々な女性と浮名を流します。

その源氏の君が『最も愛したとされる女性』が紫の上です。

初恋の女性の名前が「藤壺(ふじつぼ)」で、
その姪なので、「藤」→「紫」ということで「紫」と付けられたと思われます。

しかし正式の妻にはしませんでした。
心のどこかで藤壺のゆかりのある姫君を求めていたのだと思われます。


そして、とうとう藤壺ゆかりのある姫君を手に入れます。
(歳、親子ほど離れているのに)


紫の上は後ろ盾がいなく、父親と母親は、男と愛人(側室)の関係なので
そして母親は亡くなっているため、誰も頼みの人間がいませんでした。
夫である源氏の君だけが頼りでした。

愛されていると思っていた。
それなのに裏切られた。

紫の上は壊れてしまいます。


今まで、源氏と紫の上の愛は対等でした。
同じくらい愛し合っていました。

しかしこのことがあり、紫の上の愛は冷め始めていきます。
(というより壊れていく?)

逆に源氏の君の方は姫君(藤壺ゆかりのある姫君)が
全く期待の出来ない姫君だったことで落胆し、紫の上にすがろうとします。

世の無常を感じた紫の上は「出家したい」と源氏の君に願い出ます。
出家したら離れてしまうから駄目、と出家をさせません。
そうしている内に、紫の上は亡くなります。


(略)

物語に出ていた名前の人の正式名。

紫=紫の上
貴方=源氏の君
 

あしたさえ見えたなら・・・