RO小説本編の目次  >  賢者の海の目次
       

 

 

 

清浄



現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの

亀怜

西洋読み:グイレン
東洋読み:きれい

現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの

現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの 現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの

鶴怜

西洋読み:スアレン
東洋読み:かくれい

星 星 星 星 星 星 星 星 星



こんな感じ~


「いい名前です」

やっとしゃべるシャオイー(喬一)。


あまり注意深く子供の名前を見ていなかったのだ。


★メイチーが名前に取られて腹が立ったのと、

★メイチーがいなくなった後、色んな物事が記憶から消えていった


からである。


メイチー「色々考えて・・・男の子と女の子、っていう
セット要素で・・・」


怜なる亀と鶴・・・


「あれとかこれも考えたんだけど
ぺらぺら」

こだわりを延々と話すメイチー。


いつも通りだった光景に、少しずつ心が戻っていくシャオイー


おとーたまー

おとたまー

タカタカタカタカ

ばふぅっ!


突然のことに驚くシャオイー。

ペタペタペタペタ

手を伸ばすふたり。


おとたまー高いー

抱っこー


「(お母様は「おかあさま」
お父様は「おとたま」)」

どうでもいいことにム~ッとしてしまうシャオイー。


2歳児にしてはちゃんとしゃべるのは何らかの不思議な力が働いているのだろうと思ったが、
何故だが「多分当たり前なんだろうな」と思える自分が不思議であった。

「(まぁいいか。別に)」


一体何故か分からないが考えるのを放棄した。



首を傾げて、、

「どうしてお父様だって分かるんだろう・・・

写真も見ていないのに」

メイチーはとても不思議そうだ。


シャオイー「何かあるんだろう」
考えるのをやめたいシャオイー。

双子は頭脳明晰?というのを聞いたことがある。
(※私の個人的な知識)

メイチー「たまたま、なのね」

子供って不思議・・・
そう思うメイチー。



何だろう


変な感じがする

不吉な・・・

黒いモヤが双子に見える

ゴシゴシッ

目をこするシャオイー


おとーたま!

ハッとする


スッと可愛い我が子を優しく抱き上げた。


金髪で、紫色の眼をしている。

不思議な容姿だなーと思う彼。
(本当に今まで全然注目していなかった)


メイチーを見る。

双子をあやしている。

・・・

子供、作ったのか
少し嬉しいシャオイー。

シャオイー「(何か、嫌な予感がする)」


「(何か嫌な予感がする!)」
突然思うシャオイー。


アレクシスのことではない。




「(まぁ、何とかしてみせるさ)」

少し格好良いこと?を思うシャオイー。


「(・・・後で調べてみよう)」



何にしろ、良いことがふたつ出来た。


1、2年間会ってなかったことでシャオイーの中の麻薬要素が全部抜けた。

2、業が今までのことで全部清算された(玉清であるアレクシスが冥界の王から伝言を賜ったらしい)。
(過去「むらさき」参照)



怪我の功名、とでも言うのだろうか。

ひとえに、シャオイーの徳の高さゆえ、、なのであろう。



現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの



BACK「抱」  NEXT「沈黙・・・」


WEB CLAP  ひとことでいいですよ。&感想書き逃げ大歓迎同盟