RO小説本編の目次  >  茜色の空の目次
       

 

 

 

デワタの空



デワタ。

アルベルタという港の都市から行ける島である。

伝統民族が住む火山島で、キレイな海岸が魅力的で、そのため観光客がよく来る。


レンレン「っはぁ~っ!エステきぃもち良かったぁ~v」

レンレンは2番目の兄のクライヴとデワタに観光に来ていた。


レンレン=特殊霊魂施し師

クライヴ=アサシンギルド内の中堅任務


砂場で山を作りながらレンレンは言った。

「御免ね。ちぃにぃ。忙しいよね。私の都合で・・・」

クライヴ「いや。いいよ。大丈夫」


どうだった?
エステ。


クライヴ「良く分からないな」


パイナップルジュースを飲みながら、パラソル傘の下、白い身もたれ(何て呼ぶのか分からない)に横になりながらしばらく風を楽しむ。


フーッ!!

「あっつい!」

クライヴ「だ、大丈夫?」


いだぁ~い

「ちぃにぃ、これ食ってぇ~
あ、食べでぇ、、」


---------------------------------------------------


ハーッ


クライヴ「大丈夫?(汗)」
再度声を掛けるクライヴ。


レンレン「レッド・ホット・チリ・ペッパーだもんね。
クワドロプルだから・・・油断した」


アユタヤのお祭りで
青の食べ物か、赤の食べ物どっちを選ぶかというアンケートで
赤の食べ物が選ばれたのだ。


「あれが評判になって、それでどこででも発売されることに・・・
あぢぢぢぢ」

舌をパタパタして熱を冷ますレンレン。


「お水、もっと飲みますか」

チャ~ッとグラスに水を注ぐクライヴ。


ゴクゴクゴク

目を点にしながら水を飲むレンレンだ。

「(もう落ち着いた)・・・本能の味はやっぱりきっついわ・・・」
どてーっと長い椅子にうつ伏せで倒れる彼女。


---------------------------------------------------


レンレン「ブルーハワイのかき氷はキーン!てなっちゃって頭がくらくらしたし、
どっちもどっちなのね」

・・・


・・・えーとね
レンレン「しゃ、シャオイーさんのことなんだけど。
本題の。そう」


クライヴ「本題だったね。そういえば」

シャラララッ
クライヴは「紫いもシロップのかき氷」を作っていた。


・・・
「極端に熱くて、極端に冷たい・・・」

クライヴ「?」

レンレン「赤い料理。と青い料理。それで思い出したの」

くるっとクライヴに振り返るレンレン。


レンレン「・・・怖いの・・・。
あの人って一体何者なのかって。
ただの人間じゃない。
穏やかで落ち着いているけど、すごく恐ろしい・・・とても怖い・・・」


レンレンは語った。

得たいの知れない存在ということ。
レンレンでも「視る」ことが出来ないこと・・・
おおいなる存在である反面、とても低い立場の人間である気もする、こと。



クライヴは「?」という顔をしながらレッド・ホット・チリ・ペッパー・ライスを食べていた。

レンレン「キャーッ!それ辛いのよ!大丈夫?むしゃむしゃ食べてるけどっ」

ガタッと立ち上がるレンレン。

あーこれ
「お義父さんが辛いの苦手で。で辛いのをたくさん挑戦しているうちに付き合わされて。僕も。
すっかり辛いのが平気に」


・・・

一気にシリアスモードがかき消された。


---------------------------------------------------


クライヴ「どこかで見掛けたことがあるな。
ゴクゴクゴクゴク(レンレンに頼まれて水をたくさん飲んでいる)
シャオイーさん・・・殴りプリースト系だったかな」

紫いもシロップのかき氷を食べながら、語り合うふたり。


レンレン「うん」シャクシャクッ

クライヴ「背が高くてキリッとした感じの、、・・・でもパッとしない時もあったかな?」

シャク・・・(かき氷)


ガタッ

「わ 分かった!」

レンレンが立ち上がり、声を上げた。


レンレンは紫色のシロップを見た。

「ふ、ふたつの要素。
あの人今は、二重人格?」


カチャンッ!

レンレンのかき氷の氷が下に落下し、割れた。



現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの



BACK「青のふたりに」  NEXT「熱く」


WEB CLAP  ひとことでいいですよ。&感想書き逃げ大歓迎同盟