RO小説本編の目次  >  夜桜の精の目次
       

 

 

 

突破



悔しいぃぃぃいぃ


見苦しいな

別の方法考えればいいだろ

呆れてアレクシスが言う。



「人の話全然聞かないで!

身なりとかそういうので判断して!」

何様だと思ってるのよ!


あームカつく!


メイチーはうずくまってしまった。



先程、リヒタルゼンの件の屋敷に行き、事件について聞きに行ったのだ。

情報を少しでも出さなければと。



「なのにっ

莫迦にしたような顔してさぁ」



金持ちには二種類いる。


ひとつは、お金があるからこそ余裕があってのほほ~んとしていて、

基本的に世間知らずでおおらかな感じのタイプ。


そしてもうひとつは、人を身なりで判断し、妙に猜疑心が高く

人の話を聞かずに常に閉鎖的になっているタイプである。



ケイン家は後者であった。



当主と召し使いが同じ性格とは限らないだろ。

落ち込んでたってしょーがねーじゃねーか


アレクシスはため息を付く。


分かってンだけどさぁ、、

何かああいう言い方されると、、

落ち込むメイチー。



俺の女をそんな風に扱うこと自体、

最下層の人間じゃねーか

「そんな人間を相手にしている時点でおまえの負け」



俺の女って、、、


「(主体は自分なのね、、)」

たらりとするメイチー。



うーん

しばらく頭をポリポリ掻いていたアレクシスだったが、、


「脅して話を聞く以外方法は無さそうだな」

さらりと言った。



「(脅すって)」

下手したら警察に捕まっちゃうかもしれないのに。



い、一体どうやって?

メイチーは聞く。



まぁ逆さ吊りがオーソドックスってとこだな

腕を組んで言う。


逆さ吊り・・・

真っ青になるメイチー。


「は、犯罪者の妻なんて、、やだからね私」




そう言った瞬間。


ぶわりっ と風が前から吹いた。


キュィィーン


「あっ!」


思わず大きい声が出る。


どこかに裂け目、出来てる!


何?

アレクシスがびっくりした顔をする。



・・・?


「捉えた」


こっちだな


気が付くと、


ふたりは同時に走り出していた。



「ケイン邸の裏庭のところよ!」


無言のアレクシス


---------------------------------------------------


裏庭には、とても頑丈な柵が並んでいた。


うっ

これは


「侵入出来な、、」


バンッ!


アレクシスがヘルインフェルノを出して囲いを壊してしまった。

(※ヘルインフェルノ=ウィザード系職が出す魔法のひとつ。炎系魔法)


え、アレクシス


今そんなSP使っちゃったら、後で何かある時に魔法使えなくなっちゃうよ・・・

焦ってメイチーが言う。


SPとは、魔法やスキルを出す際に消費する体力ならぬ「精神力」である。

使いすぎるとしばらく回復するまで 魔法等が使えない。


「うるせーな そん時はおまえのSPよこせ」


結婚した夫婦は、お互いに体力(HP)や精神力(SP)を与えることが出来る。



で、出来ないよ


私が危険な目に遭うかもしれないのに

魔法使えなくなっちゃったら


「喧嘩があるだろ!俺直伝の」

くるっと振り向いて怒鳴るアレクシス。


そ、そうだけど



っていうか、「力で何とかして壊せば良かったのに!」

と言った。


ああそうか

「面倒臭かったからな」



何だかこの人を抑えることの方が大変そう・・・


頭が痛くなるメイチーであった。



現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの



BACK「一度の」  NEXT「ウィザード系」


WEB CLAP  ひとことでいいですよ。&感想書き逃げ大歓迎同盟