RO小説本編の目次  >  二色まではの目次
       

 

 

 

はじまり



設定・系図(人物関係)


下界での干支の話をする美織と喬一。

美織「・・・あっという間ですね」


・・・


華やかな空気を下界から感じる。


美織「天界は祝賀会だけがあって、干支の概念がないのよね」


音楽を聴きながらぼぅっとする。


美織←麗帆と一緒に下界めぐりをしたい
(喬一には一時的に会っているだけ)


喬一「いくかー」


うつ伏せの姿勢で下界を見ていて、そこから起き上がる彼。


美織「お、旅行だったね。喬一さん」

喬一「うむ」


彼はお正月に旅行を計画していた。

他に仲間(彼には友人が多い)がいるのだが

喬一「今年はひとりです」


ひとり旅行を選んだ。







現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの


喬一「いくよー」


あっれ・・・


少しイラつく喬一を見る美織。


美織「あれっ、、御免。こういうの遅くって」


あれ?

喬一はずっとイライラしているようだ。
(早く行動したい)


美織「(こ、この展開は、、えっと?)」



美織「あ、アレクシス放っておいてこれなんて!
れ、連絡はしたけど」


現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの


受付の女性

「こんばんわ。二名様でいらっしゃいますか」


喬一「予約しております馮 喬一です」

(調べる) あー はい。

こちらにご記入を。


キュッキュッ


美織「あ、すみません
私後から来たんですけど、、」


喬一「ひと部屋でふたりを」


・・・


何故かふたり旅行になった。

のほほんな空気は(メホホ・ブルササンG的な 参照:マサルさん)そのままで。


美織「(普通「ふたり旅」なんてあやしいのに何でこうのほほんとしているのか・・・
だからこそいいんだけど)」



受付「あ、でしたら、、そうしますとシングルになってしまいますが・・・」

(ペラペラ何かをめくってる)


シングル・・・ハッ


美織「 」


喬一「ツインありますか!」


受付の人「残念ながら・・・」


がん!!


う~ん

考える美織。


あの、やっぱりいいや。
「すみません。私帰ります!」


その美織の声で、

「お待ち下さいませ、えっと・・・
別のお部屋でしたらダブルが御座います。
ええ・・・」

事務的に言った後に

バシンッ!と乱暴に書類の束を揃えて
おかしな行動(落ち着きなくうろうろするような)をする受付の女性。


おかしな空気を感じ、少し後ずさりする喬一。


喬一「?」


現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの


「(過去に何かあったのかな)」


美織「真っ白っていいね。
全部真っ白・・・」

少し緊張している彼女。


白だと?

・・・

喬一「(真っ黒に見えますが)」


「・・・・・・」


ツッコむ気になれない喬一


何も気付いていなさそうな美織が何となく救いに見えた。


嘘を付いているようにはとても見えない美織と
先程のあやしげな受付の女性。


言葉が出ない。


あ、
あった!ここよ

美織「『月の間』、こっちこっち!」

手を招く彼女。


月の間。

過去 本で読んだオカルトの事件があった部屋が確か『月の間』だった


不吉なことを思い出す喬一・・・


パササッ(天界での、ドアが開く音)


美織「御免ね。何でこういう展開になっちゃうんだろう
アレクシスを、、旦那を放ってこういうことになるって
気持ち悪いよ自分でも(汗)」


今更。

喬一はやれやれ、と思った。



アイポン、という天界通信機(iPhone・・・)でピピッとアレクシスに二度目の通信を送る。
遠方過ぎると1:1対話が届かないのだ。
(天界はすごく広い)


美織『着いたよー』

アレクシス『お、ちょっと早いな』

美織『うん。早く着いたー
部屋、目の前森だ。
山からの景色が見られると思ったのに~』


喬一「(早く荷物を片付けて欲しいんですが)」

のんびりアイポンをいじっている美織にイライラする喬一。
(サッサと行動したい)


あれ

喬一は不吉?な空気と同時に、変なところから美織の空気を感じた。


美織はここなのに。と首を傾げる喬一。


それが、全てのはじまりだった。


すべての。



現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの



BACK「目次」  NEXT「不穏旅館」


WEB CLAP  ひとことでいいですよ。&感想書き逃げ大歓迎同盟