RO小説本編の目次  >  二色まではの目次
       

 

 

 

雪の間



きゃっ うふふふふっ


何処からか。

子供の笑うような声が。


・・・

「そういえば喬一さん」

腕の中のネコが顔を上げる。


何で、色々察しがいいの?

「私でさえ、霊?あの、、邪悪な 浴場の変な人たちのこと分からなかったのに

そもそも最初から、この旅館来た時から何か勘付いてたよね?」


ゴロゴロゴロ


腕の中で美織に甘え、ネコの振りをしている。


動物になったのをいいことに、ずるいなぁ。

ため息をつく。


「僕用事があるのでこれで」も これで万事解決って訳。

ハーッ


突然。

うふふっ

子供の声がまた響いたかと思うと


ううっ

磁場がゆらぐかのような、強烈な眠りが美織を襲う。


あがっ、、、


腰を落とし、スーッと軽く息を吸い、「ね"・・・ね"ぶい・・・」と言う美織。


にゃあ


現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの


『月の間』までは遠いので、当初喬一が泊まるはずだった『雪の間』に、

美織を誘導するネコ。


入った途端に。

すぴ~と死んだように眠る美織。






たくさんのあでやかな花畑をとても心地良い空気の中、走り回っている幻覚。

ふわっ、、


美織は目を開けた。



「(ここは何処)」


あ、『月の間』、じゃなくて『雪の間』に来たんだった。。


大丈夫なのかな、え・・・?

他のお客さんが後から入ってなくて良かったけど・・・


とりあえず起き上がる。


が?

変な声が出る。


よっれよれのよれ子さんだ。仙服が。


まさかマサルさん的な寝方が移っちゃったの?


「(アレって伝染病だったの?)」

恐れおののく美織。


急いできちんと服を締め直す。


「(しっかしすごい)」


下界で言うところの親父なるキャラクターはこういうの許されるんだろうけど

女がやるとドン引きだよな、誰も



・・・


ハァッ

面倒臭くなっちゃった。


「(レンレンなんて放っておこう)」


(すぐにエネルギー切れを起こす。集中力はすさまじいが、切れると全部切る。切れる)


頭を押さえて、『月の間』に戻る。


「(幽霊、、どうしよ)」

レンレンに集まっているのが、私に来てるだけだし。


レンレンが何とかすればいいだけの話だし。



・・・


さっきから何なんだこの倦怠感は。


「(呪いか?)」


「(あの『雪の間』っていうのもヤバイんじゃ・・・)」



そういえば喬一さんはどこだろう


くるり。

スタスタスタ。


途中、すごい嬌声(女性の騒ぎ声)が飛び交っている部屋があった。


喬一を探しに、フロントに向かっている最中であった。



あのやっぱりね、『月の間』に入ったカップルって絶対別れるのよね!
あたしあのふたりが別れるのに賭けるー!

やっだそれ。賭けにならないじゃないの~


でもさぁ、何で貸したの。そりゃ困ってるから仕方なく、なんだろうけど。

すっごく困ってたとか。女の方がぎゃあぎゃあ言ってたとか?

まー受付のアゼレアさんに聞かないとどうしようもないね~


でも『雪の間』の方は予約あったのに無しになったって不吉ねぇ

予約してた男性がいたんでしょ?

いたの?

うん、でも女性が来ちゃって、、どういう関係か知らないけど
それで無しになったって。宿泊

うっそー!!(数人)

「そ、それで、『月の間』に行ったの?」

「不吉すぎない?」

「うちらこんな風に話してる場合じゃないよ・・・」




要約するとこうだ。

★『月の間』に入ったカップル・夫婦は必ず破局する。別れる。
★『雪の間』に泊まった人は幸せな結婚が出来る。



・・・

美織は。

そっかぁ。でもいいや。とりあえず身支度して帰ろうっと。

としか考えられなかった。



現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの



BACK「虹色のネコ」  NEXT「くるくる」


WEB CLAP  ひとことでいいですよ。&感想書き逃げ大歓迎同盟