RO小説本編の目次  >  賢者の海の目次
       

 

 

 

足音



レンレンはしばらく考えていた。

暗い部屋で・・・。


ノリーン『戦いなさい!シャオイー様だって、メイチーさんだってもっともっと大変なのよ!
逃げちゃ駄目よ』


ざぶぅん

大きな波が全てを包む幻影が思い浮かぶ。


恐い・・・

レンレン「(恐いよ・・・)」

ぎゅっと体を両手でかき抱く。


シャオイーとメイチー。

レンレン「まさかこんなことになるなんてっ・・・」


現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの


あははは

花畑で、3人で楽しく、、走り合う。

メイチーさんが満面の笑みで、

コテンッと転ぶ。

それをシャオイーさんが笑って

メイチーさんが起き上がる前に私が花びらの集めたものを一気にメイチーさんにかぶせる。


きゃあっ!

再びすっころぶメイチーさん。


シャオイーさんが走って来て。

バフンッ

3人で花畑にダイブ。


メイチーさんが目を回している間に、グリストゥン!とふたりに掛ける。

パチクリしているふたり。


幾度も 幾度も見た夢。


レンレン「(楽しかった・・・)」




やる!!

「私はやる!」

声に出すレンレン。


ひざまずく。

「私の中に眠る神よ。

どうか、私に力を・・・」


う"っ

突き刺すような精神力を使ったせいか・・・

そのまま倒れ込むレンレン。


深い

深い

眠りに落ちて行った。


現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの


国王陛下、

違う

全部。

ルーンミッドガッツ王国国王陛下、

シュバルツバルド共和国大統領閣下、

アルナベルツ教国猊下(げいか)、


天帝にも!

闇帝にも!


・・・

全員に言う!!

言わないと。

私 頑張って全員に強く提言するわ


・・・


余りの迫力に何も言えなくなるアルフォンス。


現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの


現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの天帝と闇帝の意見。

現代ファンタジーのオンライン小説 | ものものぬいぐるみに変換する
現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの意識はある
現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの一切のスキルを使えなくさせる

現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの女の子側を「ネコ」に男の子側を「イヌ」に変換
現代ファンタジーのオンライン小説 | ものものもちろんスキルを使えなくさせる

現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの消滅させる
現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの天界などに行ったら今以上の存在になって危ないから


現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの国王・大統領・教皇の意見。

現代ファンタジーのオンライン小説 | ものものそのままでいいのではないか
現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの聖なる存在、大いなる存在がいてもそれはそれ

現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの何らかの神(空、海、大地、太陽)に捧げる
現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの神々なら上手く面倒を看てくれるだろう


現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの


表を作ったレンレンなのだが、「一番最後が無難ね・・・」と冷静に思った。


テクテクとアルベルタの街を歩く。

アルフォンスの居るモスコビアに船で行くためである。


おっと

御免なさい。

・・・

表をじっと見ながら歩いて、結構人にぶつかってしまった。


・・・


・・・

空を見上げる。「シャオイーさん、メイチーさん、どう思う?」


彼らは、子供たちを全面的に信頼していて、どういう結果になっても

幸せを掴みとるから大丈夫だろう、と思っていると天帝から聞かされた。


不安なのはきっと彼らだろう。一番。


「(私に責任がある分、きちんと片は付けなきゃ)」

キッ!天を見つめてレンレンは思った。


私、やるわよ!


タタタッ


とりあえず、モスコビアに帰らないと、と船着場に急ぐレンレンであった。



現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの



BACK「かげり」  NEXT「別れ・・・」


WEB CLAP  ひとことでいいですよ。&感想書き逃げ大歓迎同盟