RO小説本編の目次  >  賢者の海の目次
       

 

 

 

泳いでいく



ポセイドン。海の神・・・

可愛らしい双子をとても喜んで受け入れた。


・・・

ざざ~ん・・・

ざぶ~ん・・・


どしゃっ

・・・


ざざ~ん・・・


・・・


いつまでも


海の向こう側を見るレンレン。


あたし・・・


あたし・・・


グリ・・ストゥン・・・


掛けたの!

わ、

悪かったのかな!!

下を向いて 両腕をグッと下げて叫ぶ。


「そんなことないさ」

静かにアルフォンスが言う。


それも運命。


「それがあったから・・・ふたりは一緒になれたんだ」



ルーンミッドガッツ王国国王、
シュバルツバルド共和国大統領、
アルナベルツ教国教皇、

天帝、そして闇帝・・・

「あの双子を永遠に海に。現世には決して出さぬよう」

深く、ポセイドンに誓わせた。


ざざ~ん

どしゃ~っ!

ざぷ~ん


し、し、、・・・幸せだよね!

・・・

・・・

ポセイドンさん、すごく嬉しそうな顔してた。



国王陛下からも、皇后陛下からも

皇太子殿下からも、内親王殿下からも

大統領閣下からも、、

教皇猊下からも・・・


天帝・・・からも(涙ぐむ)

闇帝・・・から・・も・・・


ぐしっ

とうとう泣き出す。


みんなに、愛されていた子たちだったもんね


ああ

少し切なそうにアルフォンスが返事をする。



あの日

イズルード(衛星都市)の海の声を聞きながら、

一色論と二色論を展開していた あのふたり。

(※過去「二色までは」参照)



数日後に、やはり同じイズルードで

三色目が欲しい、と願ったシャオイー。



願いが叶って、そして掛け替えの無い、「きっかけ」の紫の結晶たちは


この、まさにこの海に消えていった。


現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの


運命。

それは抗えないもの。

時に、抗えるもの。


しかし、全ては川の流れ行くままに、

その運命に身を任せて、

流れて

全て

飲み込んでゆく運命を

泳いでいくのだ

誰しもみな・・・


辛くとも

悲しくとも

優しくもあり 激流になって苦しませようとする水の勢いに

漂ってしまうかもしれない

そのまま

消え行くように 沈み込んでしまうかもしれない


それでも

人は

目を開いて

運命の川を

前へ前へと泳いで 進んでいかなければいけない



永遠に・・・



全て

運命という川の命ずるままに

流れて流れて・・・


流されて



亀怜、鶴怜・・・


『ぼく、つる折る方がとくいなんだよね~』

『わたし、かめの方が折りやすい~』


亀、、と。鶴。

何万年も生きる・・・存在


運命の川を漂い、消えてしまったとしても


ずっと記憶の中に残る

永遠に・・・



誰もがみな そう思っていた。

ずっとずっと残る

ずっと・・・



現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの



BACK「別れ・・・」  NEXT「永遠に」


WEB CLAP  ひとことでいいですよ。&感想書き逃げ大歓迎同盟