RO小説本編の目次  >  茶色い犬の目次
       

 

 

 

大きな樹の下



きゃんきゃん!


茶色い犬が鳴いている。


ズッコケ「そういえば、その犬は何な訳」


メイチー「たまにねー、シャオイーさんと会うの。ここの樹の下でね」

ぽんぽん、とすぐ後ろの樹を叩くメイチー。

「その時の、コンタクト犬・・・みたいな」


ズッコケ「コンタクト犬?」

メイチー「コンタクトを取る犬。 テレパシー?みたいな」


ズッコケ「何だそれ。そんなん出来るのか」


メイチー「・・・何か色んなあやしい力があるみたい。私」


きゃんきゃんきゃんきゃん!

ポンッ

と頭を叩くと、「きゃうん!」

と言って可愛らしい舌を出した。


ちょっと!!
シャオイーさん叩かないで!!


そんなメイチーに構わず、犬のあれ?と思う部分を凝視するズッコケ。


犬を持ち上げる。


ズッコケ「・・・これ、ぬいぐるみ?なんか?」


メイチー「そうよ ぬいぐるみに魔力を掛けて動かしてるの」


ズッコケそうになる。


魔力で動かせるんか、、


ズッコケ「、、、話に聞く、レンレンさんてリンカーよりすごいなメイチーさん」

(※リンカー=ソウルリンカー。霊力を自在に操る)


メイチー「んー、でも毛色違うよ。どっちの方がすごいって訳じゃないっていうか」


ズッコケ「へぇ そういうもんなんだ」

良く分からんけど


でもぉ


ニコッと満面の笑みをしてメイチーが言う。

もういいの。


ズッコケ「もういい?何が」


んっとね。

禁呪を授けてからもうすぐ2年半でしょ。

長かった・・・


メイチー「もうすぐシャオイーさんに、、シャオイーさんに近いとこ行けるんだ」


・・・


ズッコケ「シャオイーさんに近いところ・・・ なんだ?

宇宙?」

まともに聞く。


ううん、ちょーっと惜しいかな

眉間にしわをよせてメイチーが言う。


ズッコケ「じゃあ・・・ わっかんなーい!」


やれやれのポーズでブルブルと左右に首を振るズッコケ。


あーあれだあれ

「変態王国!」


たらりとなるメイチー。


「うーん、、、うーん、、、」

ひたすら頭を抱えるズッコケ。


ニッコリ笑ってメイチーが言った。


「うさぎさんをね~毎日毎日切り刻んで食べる国よ~」




ズッコケは本気で傷付いた。


現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの


手を後ろに組みながら、ふわりっと髪をなびかせてメイチーが言う。


メイチー「シャオイーさん、下界だと殴りパンテストなのよね」

どうだっ!という顔をして得意げにメイチーが言う。


ズッコケ「パンテスト?」


そんなんあったっけ?


本当は知っていたが、「有り得ねぇだろ」と知らない振りをするズッコケ。


「かなーり前に滅んだ、、アークビショップの上の位の~

ソフィアプリーストの

更に!上の! 職。なのよね~」

「パンテストv」

ニコッとした笑顔。


(パンテスト=パンテオンプリースト)


「・・・」

何を言っていいやら。


そしてきゅっ!と唇を結び、ズッコケをじっと見た。


「私の禁呪、不老不死だけじゃないの。

今の最上位職の、2段階上に昇格させるの」

(※後述)



だから、シャオイーさん、パンテストなのよ。


普通だったら信じられない話だが、「禁呪」というのと、

「自分の命と引き換えに」という大層な条件が付く。


「(すっげぇな・・・)」

ぽかーんとするしかないズッコケ


・・・

あのね

殴りプリースト、ってシャオイーさんのこと言ってたけど

本当は「殴りパンテスト」なのよね


ピシシシーン!


ズッコケは頭の回路が一気に繋がった気がした。



そっか


「ウィリアムさんに聞いたんだよ
シャオイーさんのことを「殴りプリースト」って言ってた、って」


メイチーはくるっと振り返る


「殴りパンテスト」、なんて言っても誰もきょとんとしちゃうからさぁ


そりゃそうだなぁ

ズッコケは納得する。


ズッコケ「(だから、「殴りプリースト」って言ってたんだな)」


ふーむ、と考えていたズッコケは ハッ とした


いかん!

いかんぞシャオイーさん!


ズッコケ「シャオイーさんばっかりチヤホヤしやがって!」


シャオイー「きゃんきゃん!!」


メイチー「ズッコケさんだってその長身があるじゃなーい」


ズッコケ「ん~」


メイチー「197cmなんて相当でかいよう」


ズッコケ「でも俺、2メーターは欲しいんだよねぇ」

ズッコケは腕を組む。


メイチー「に、にめーたー、って・・・汗」


ズッコケ「197cmって中途半端なんだよなぁ。
195cmとかならまだ分かるんだけど」


メイチー「よ、欲張りねぇ
パンテストより、そっちの方が良いって人だってたくさん、、いると思うよ」


ズッコケ「そっかね
パンテオンで197cm・・・じゃない2メーター。駄目?無理?」


メイチー「ぜぇーったい禁呪なんて授けるタイプじゃないわねっ!!」


メイチーの声がアルベルタ中に鳴り響いた。


現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの


注釈:昔は貧しい代わりに力があったという設定

★1世代前の王朝には、今の最上位職より1段上の職があった。

★2世代前の王朝には、今の最上位職より2段上の職があった。


シャオイーは

アークビショップ → ソフィアプリースト → パンテスト

になった。



現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの



BACK「王家」  NEXT「手を取り合えばもう」


WEB CLAP  ひとことでいいですよ。&感想書き逃げ大歓迎同盟