RO小説本編の目次  >  暗闇と花びらの記憶の目次
       

 

 

 

最後の



イザムバードはそんなに背の高い方ではない。

しかしアイリーンは小柄な方なので、そういう形になった。


ぎう


結婚して、初めてのことだった。


そう、それまで全く何もしていなかったから。


イザムバード「いもむとさんは、、いつも僕に指一本触れさせてくれなかったし!」

アイリーン「嘘つき!いつも私から逃げてたのイザムバードさんの方だったでしょ!」


中学生の恋愛どころか小学生以下の恋愛

(園児もキスくらいするであろう)

なふたりのアホな結婚生活。


手のひとつもつなぐこともないまま、



最初の最後で、小さな抱擁。

(抱擁「のみ」だ。何もしていない)



あまり背の高くないイザムバードも、アイリーンの前では男性だった。

(背の高さ的な意味で)


すっぽりと、アイリーンにとっては背の高いイザムバードに抱きしめられ、アイリーンは言った。



アイリーン「暗殺者と殴り聖職者・・・
闇に生きる者同士、結ばれない運命なのね」

イザムバード「良く分かりませんが!
でも、」


いつも僕たちは、、

愛し合っているのに、 お互いに背を向けて、、


愛のささやきも

愛の口付けも

な~んにもせず (本当に夫婦かよ っていうか恋人ですらない)


こうして、、


また背を向けるのを分かってて、それを前提なのが当たり前の、抱擁をしている。


アイリーン「しかも初めてだし。(抱擁自体が)」


抱擁、ってテストで



Q1、次の平仮名を漢字に直しなさい(配点10点)

1、ほうよう
(   )



とか出たらいい点取れない!

書けないよ!

抱擁っていつでも書けるようにしなきゃ!


などと、イザムバードとの抱擁で考えていた。

(やはりアホだ)


アイリーン「(ハグ、とも言うのよね)」


ハグが終わったら、、


私たちは別れるのね。


ううっ、、 と思っているアイリーンに



「そこまでひんぬーじゃないと思います!」

と言って、そっとイザムバードは離れた。


現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの


あのままね、ロマンチックな別れ方をしたかったのに。


イザムバード「だからってここまですることないと思いますが!」


自業自得だっていうの!!


ここはアイリーンが住んでいる家。
プロンテラ(ルーンミッドガッツ王国の首都)内にある。


イザムバードはアイリーンのかつてない程の鉄拳をくらい、

ぼっこぼこにされ、

すっかり目がバッテンになって倒れてしまったのである。


何せ、ぼ~っとしながら、鳥人間五匹を倒せる程の腕力の持ち主。

どれ程その鉄拳が痛いか、想像出来るだろう。


倒れてしまったイザムバードを、そのままアイリーンが背負って、

家に連れてきたのである。

(男性を背負って連れていけるほど、腕力がある = その女性に殴られる = 逝去)


イザムバード「いででででで!!!」


アイリーン「じっとしてて! 男の子でしょ!」

痛いもんは痛いもん。

じわっと涙が出る。


消毒液の沁みた玉をちょんちょん、と傷口(自分の作った傷口・・・)に当てていた。


奥さん(元奥さん)の胸をどうこう言って何が悪いんだろう、、とイザムバードは納得いかない思いだった。


イザムバード「(それに胸小さいの気にしてたし。褒めたつもりだったのに!)」

イザムバードはアホではない。

でも、アイリーンとほんの少しでも一緒にいることで、アホが伝染してしまったのかもしれない。


ナイトライド「何かあったんですか!」

騒ぎ声?が聞こえて、ナイトライド氏がやってきたようだ。

(少し前にあったが、アイリーンとナイトライド氏は兄妹。一緒に暮らしている)


「あ、ナイトライド先生!」

アイリーンが消毒玉で塗っていた手を止める。


くるっとイザムバードを振り返り、イザムバードを指さして、

再度ナイトライド氏に向き直り、


「イザムバードさんがっ!
イザムバードさんがねっ、わ、私のことをひんぬーって言ったんですぅぅうう」


と言った。


イザムバード「(えぇぇえぇ)」


ナイトライド「なに!それはいかん!」


アイリーン「ひどいでしょ! だから何かイザムバードさんにお仕置きの言葉を!」


ナイトライド「俺はきょぬーが好きだ! びし!」


アイリーン「ひっどぉーい! ナイトライド先生までぇっ!」



イザムバード「(あ~あ)」


もう何が何やら。


今日は厄日なんじゃないかと思えてくるイザムバード。

傷がもうこのままでも、早く帰りたい。



現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの



BACK「雷雲」  NEXT「スペルバウンド」


WEB CLAP  ひとことでいいですよ。&感想書き逃げ大歓迎同盟