桃色旅行記の目次
       

 

 

 

秘密の花畑



この空の下だったわ

ウィリアムからあの連(れん)のネックレスをプレゼントされたのは。


いつものように桜が舞っている。

エリザ。

聖職者である。

彼女は精神性と霊力が強い「アマツ」という国に来ていた。


苦しい程の桜の花びら。


夜に来たら来たできっと恐いのかしら。

桜って夜は妖艶だものね・・・


アマツは年中桜が舞い散っているという摩訶不思議な国なのだ。



真面目で固くて、きっちりしている双子の妹、エリザ。

奔放で明るく、ノリばっちりの双子の姉、アイリーン。


魅力的な姉を、「悪い虫がつかないように」と必死で守ってきたエリザ。

パッシーン!

「もうお姉ちゃん、なんて呼ばないからね!」



あはははは

追いかけ合っていたアマツのどこかの、、花畑。



無理しすぎて、真面目だったエリザは 大人になってからアホになってしまった。

反比例して、アイリーンはすっかりしっかりした「大人の女」になった。



その頃に、幼馴染のウィリアムという騎士と結婚したエリザ。


2年目に男の子ふたり。

そして5年目の今、女の子が出来た。


名前を決めにここ、アマツに来ていた。


この子はアマツで出来たのだ。


あっちこっちあっちこっちあっちこっち

あっちこっちあっちこっちあっちこっち


わぁ~ すっごくキレイ~

と大はしゃぎしながら、色々回った、あのアマツの旅行。



はぐはぐ

目を点にしながら桜餅を食べていた時。

「少し散歩してくるー」

どこかに行ってしまったウィリアム。


散る桜をぼーっと眺めていたら。

しゅっ!

と首に何かを掛けられた。


ひんやりとた物体が首元にくっつく。

「ひえっ?!」


見ると、先に5つの珠がくっついているネックレスだった。


呆然と見ていると、、

ウィリアムが

ひとつひとつ、珠の説明をした。


「白金(プラチナ)、金、銀、銅、鉄」


5種類の珠が繋がって連(れん)になっているデザインのようだ。


ほー グラデーションだー 感心してしまう。


「一番上が君だよ」


・・・


ハッ

これ、「いくらしたんですか?」(思わず敬語)


現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの


オリンピックで提案があるって聞いたことがあるわ・・・

(この世界にオリンピックがあるのかと)

五輪のメダルは、金・銀・銅・鉄・アルミ・錫・鉛で上位7人にあげるべき、だという意見があるのだ。


・・・

あれ?

・・・

かつて、アイリーンと駆け回った、あのどこかの花畑。

いくら探しても見つからない。


「(あれは、あの花畑は夢だったの?)」


・・・


ラーメンでも食べよう。


いかにも汚そうな屋台に入るエリザ。(汚いラーメン屋さん=美味しいという偏見)


「うっわ!美味しい!!」

思わず声を上げてしまうエリザ。


おっ

「ハイプリーストのお姉ちゃん、キレイな連(れん)のネックレス付けてるねぇ」

声を掛ける屋台の店主。


あっ

「これ、少し前に、夫からもらったんです」←上機嫌


いちにーさんし、ご、、?5連か。


ええ、ごれ、、


・・・


・・・


あ、、


いいかも


「レンレン・・・」


店主「え?」




wis(1:1対話)をする。


『プラチナ、金、銀、銅、鉄 五連の子、『連々・・・レンレン』てどうでしょう?

女の子の名前』

エリザが提案する。


『いいねー』

答えるウィリアム。


『私はプラチナの女ですけど、娘はそれ以上を行ってもらいたいですから』


『実は、白金(プラチナ)、金、銀、銅、鉄、錫、鉛 の7連のネックレスもあったんだよねー』


えっ

ええっ!!

周りに人がいるのにでかい声を出すエリザ。


『さすがに高かったからなー』


『ケチ!!』

(せっかくなら一番いいものが欲しい女心)



そうしてその後、5連の意味を込めた レンレン という女の子が誕生した。


(このシリーズの主人公です・・・)


現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの現代ファンタジーのオンライン小説:ものもの


なんてねー だまされましたか!

エリザがアマツから帰ってきてすぐ。

ウィリアムが手に持っていたのは。

「7連のネックレス」だった。


・・・

「だますなんて卑怯です!」


「さぷらいずです」


生まれてしまったら元に戻ったが、レンレンが一緒にくっついていた頃は元来の真面目~~なエリザになっていた。



ウィリアム、

「ん?」振り向くウィリアム


アイリーン、、私の双子の姉なのですが、

子供の頃、一緒に遊んだ花畑があるのです。もう無くなってしまって。・・・どうしてもそこを探したいのです。


ふむ


無いんだったら もう人が踏み入れる場所じゃないとか

子供しかいけないところだとか。

手の平でお腹を指し示し「その子なら行けるのかも」

と言う。


「大人は行けないところなのかもね」



ウィリアムも。子供の頃にそこに 行ったことあるのね。

会話はしていないけど、何となく分かった。



現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの



BACK「ネコ科」  NEXT「大人への」


WEB CLAP  ひとことでいいですよ。&感想書き逃げ大歓迎同盟