ふることふみ

TOP章ごとの目次第4章:葦原中国での話

第6話:火と太陽


ウルメは高天原の「火の神」である。
生みの親はおむすびさんだ。

カグツチは葦原中国の「火の神」である。


火は浄化の火であり、食べ物を温かく煮てくれる優しいものでもあり、
暖をくれる温かいものである。
同時に、全てを焼き尽くす恐ろしいものであり、その恐ろしさは
神を弑することが出来る、という領域にまでいっている。


はるさんは、そんな凄い(色んな意味で)ものを、
命をかけて地上にもたらしてくれたのだ。

文字通り命をかけて。

そしてカグツチは、三貴神を産むきっかけになった神であると同時に、
あまり注目はされていないようだが、かけがえのない神なのである。



そんなカグツチに、ウルメはずっと会えなかった。
地上の火を見てみたところ、とてもバランスが整っていて美しい火であることが分かった。

天上の火は、強すぎたり癒しが強かったり、天上のみの超常現象的な力が激しすぎて
或いは別の部分が弱かったり、・・・・・・とにかくバランスがあまり良くなかった。


新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記


そんな強すぎる天上の火であるウルメと、
反対に、静やかで消え入りそうなツクヨミの間に子が出来た。

太陽の男神、天真燃大御神あまものおおかみ(愛称:アマモ)である。

天体に、燃え盛る火を灯して、=太陽になったのだろう。


母であるウルメは彼女自身が「火」のため、
同じ属性である?「太陽」を産むことが出来た。

火、そのものは葦原中国にはどうしても負けてしまうが、
太陽は、高天原の役目なのね、産むのは。とウルメ。

精神と肉体の配分は、
「10:8」

アマテラスの精神性と、
スサノオの物質性。

両者を兼ね備える、至高の存在であった。

ツクヨミは気付いていないが、
一番目立たなかったはずのツクヨミが、
とても目立つ子を成したことになる。


アマモは太陽の神殿に行き、
アマテラスの補佐をした。

アマテラスはいずれ、自分の後継者に・・・とアマモを考えていた。

太陽神が二柱いるという事実は、
高天原の神々にとって例えようのない幸福感と喜びを・・・あふれさせた。



ツクヨミとウルメにはもう一柱、神が出来た。
その直前まで、世界が妙に、もたれかかっているような不思議な感覚があり、
皆が不思議がっていたが、その日を境に、その現象が収まった。


・・・
生まれた子は、何故かすぐに名前を付けるべきなのに
全く名前が付けられなかった。

頭から記憶がすぐに消えたり、文字を一時的に忘れてしまったり。
ツクヨミとウルメはとても恐怖した。

生まれたのは男神だったのだが、
彼は生まれてすぐに剣を取った。

剣は神聖で、剣を持っている間は、「精神:物質」配分が他人から見えない。

ぞっとするツクヨミ。
生まれながらにして、色々知っている存在。
そんな・・・ひとりしかいないはずなのに、・・・

それは姉のアマテラスだ。


しかし。
彼からはアマテラスのような「光」は・・・そういうのは感じられない。
逆方向の強い力だ。
それも、本当に途方もなく・・・。

ウルメは思った。
均衡なのだと。
アマモと均衡を取るために。あの子は。



気付くと、ツクヨミとウルメは目を覚ました。


ふたりは、ふたりめの子が生まれたことも、目が覚めるまでのことも
全く覚えていなかった。


第4章:葦原中国での話「第6話:火と太陽」


<< ツクヨミ | | 特別な >>