新解釈の古事記 新解釈の古事記 新解釈の古事記 新解釈の古事記 新解釈の古事記

ふることふみ

新解釈の古事記 
TOP章ごとの目次第7章:その他第13節:崇徳天皇

第13節:崇徳天皇

第2話:三貴神・2


後三条天皇の優秀過ぎるというか、敏感過ぎる、準超能力の遺伝子は、
6代下の「安徳天皇」にまで引き継がれた。

例えば、堀河天皇と鳥羽天皇は、特に『絶対音感』の方の部分が引き継がれ
笛の名手と成っている。

(系図)

後三条天皇

白河天皇

堀河天皇

鳥羽天皇

崇徳天皇(兄)
後白河天皇(弟)


安徳天皇(孫)


安徳天皇は、空気から天気から雲から、風から、全ての空気の揺れにより
人々や世の中(というと少々大袈裟であるが)の気持ちや動向が分かった。

ただ 心に触れるだけ、なので
安徳天皇に重圧を掛けるものではないのだが、
小さな体でいつも それ、を受け止めていた。
ほんの微かに顔に掛かる霧雨のように、『世』というものに触れていた。


新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記新解釈の古事記


さて、
後三条天皇の濃い遺伝子を強く受け継いだのは、

鳥羽天皇の皇子、
崇徳天皇(兄)
後白河天皇(弟)
であった。

均衡の話をしたが、この兄と弟は均衡の存在であった。

崇徳天皇は、この時にすでに無視出来ない程に生じていた、日本の重大な部分に干渉するために
日本という国が自浄作用のようなもので生み出していた、特別な存在であった。

精神:肉体は「8:9」であり、その配分は日本を救うために必然として備わったものだ。
肉体が「9」だからか、輝くばかりに美しい男性であった。

平安時代の人間は、今と美の価値観が異なり、鉤鼻引き目が美形とされているという認識が広まっているが、
絵画の技術が欧州のように文化として発達していなかったため、絵画が未熟であり
(いわゆる、写真のような絵を描くという文化に発展しなかった)
その絵画が「当時こういう顔が本当に存在していた」「もしかしたらこの顔が当時の美形なのでは」という
間違った認識に繋がったと思われる。

実際は美の基準は今も昔と変わらず、
目鼻立ちがくっきりしていて、輪郭が繊細で...等のものが美しいとされる。


崇徳天皇はとても美しい青年であったが、鳥羽天皇(父親)はその美しさがとても妬ましかった。
その妬み、という意味不明な感情も、必然のものとして生じているものであった。


この、精神と肉体の水準の高さゆえに、
後三条天皇の準超能力を受け継ぎながらも、肉体の負担は無かった。


余談だが、崇徳天皇の弟で、後白河天皇の兄である、
君仁(きみひと)親王は、準超能力を強く受け継ぎ過ぎ、肉体がその能力を請け負えずしんどい思いをしたようだ。
生まれ付き体が弱かったのだが、Windowsの最新OSを普通のパソコンに入れ、重すぎて動かない、しょっちゅうフリーズする、
という症状に近いと言えば分かりやすいだろうか ー 体が弱くならざるを得ない状態だった。

男性ながら深窓の令嬢のような極めて愛らしい容姿をしていたが、
華奢で青白く、いるのだかいないのだかの、とても存在感の薄い存在であった。


鳥羽天皇の、この三人の息子は、まるで三貴神を思わせるような兄弟であり、共通点もいくつか有った。

崇徳天皇=アマテラス
(三兄弟の一番上。特別な存在)

君仁親王=ツクヨミ
(真ん中。目立たない)

後白河天皇=スサノオ
(末っ子。知名度が一番有る)



さて。

崇徳天皇が「8:9」である以上、均衡を取る存在は必然と生まれるのだが、
それが弟の「後白河天皇」であった。

後白河天皇もまた、後三条天皇の優秀過ぎる能力を受け継ぎ、
本来ならば視えないであろう、統合失調症の世界を見る人生を送った。


第7章:その他「第13節:崇徳天皇 ー 第2話:三貴神・2」


BACK「後三条天皇~安徳天皇
NEXT「うつ病


Copyright© (C) FUWAFUWA All Rights Reserved.
 新解釈の古事記 新解釈の古事記 新解釈の古事記 新解釈の古事記 新解釈の古事記